A/Bテストで最高の選択|より良い答えを導きだす実験

男女

自社サイトを最適化

ABテスト

今やネット社会と言われる時代に突入しています。ネットを駆使すれば、利用できないサービスもないと言われる程になっています。買い物に始まり、飲食店の予約に至るまで様々な場面にネットが活用されています。不特定多数のユーザーが利用するサイトを運営するのであれば、全ての人にとって使いやすいサイトを作ることが大事です。しかし、使いやすいと思う定義は、年齢や世代によって異なることもありますし、それを確定させることは非常に困難です。しかし、A/Bテストを活用すればより多くのユーザーの獲得が可能になるはずです。

A/Bテストは文字通りAとBのパターンを活用して、ユーザーの反応を比較するテストとなっています。この方法では、より良いサイトの最適化をはかることができます。A/Bテストを正しく行なうなら、大幅は変更を行なわず的を絞って少しずつ行なうことが大事です。まずは、キャッチコピーの変更から始めてみましょう。随分長いことキャッチコピーを変えずサイトを運営していると、ユーザーとしてはマンネリ化を感じていることもあるでしょう。まずはテキストの内容を考えて反映させてみることから試してみましょう。その次は、コンテンツ内容の刷新や価格の見せ方の変更を行なってみましょう。些細な部分だと思う方もいるでしょうが、これらの部分を欠いて形式の変更を行なわずにいるとユーザーが離れ売り上げの低下を招いてしまいます。それに、A/Bテストはこのような些細な部分の変更でも、アクセスの変動を確認することができる優れたテストとなっています。